Running Writer

1236298_229359420550067_976283286_n

“走る”フリーライター・三河の、ランニングブログです。日々のトレーニングやレースレポートなどを、ランニングを楽しむための情報を中心に発信中。仕事や家族などその他の情報は、別ブログ『いいでしょ?僕の人生』で綴っています。


11月30日、第3回富士山マラソンに出場してきました。山梨県でのレースは初めて。体調不良が続いたので出走を迷いましたが、「写真撮りながらファンランしよう!」と決めて走りました。その模様を、ちょっとご報告します。

■真夜中の出発

富士山マラソンは河口湖付近からスタートするのですが、これがまた本当に微妙な距離...。宿泊するほどではないけど、電車では始発でもスタート時間に間に合いません。そのため、必然的に車移動ということになるわけです。
写真 2014-11-30 5 24 53
ということで、夜中3時に起きて車にて向かいました。実は以前参加した方から、「道が混んでいてスタートに間に合わなかった」なんて話を聞いていたので、早めに。しかし高速道路はものすごく快適で、なんと駐車場に5時半の到着。早く着き過ぎました。
なにせ駐車場から会場までの送迎バスは、6時から運行開始なのです。そしてスタート時間は9時。仕方ないので車中で仕事をしつつ、7時前頃のバスで会場入りすることに。パソコン持っていて良かった…

■先頭からのスタート

現地に着くと、とにかく寒い!気温は1度とのことで、直前まで上着を着たまま待機していました。私は陸連登録者のため、一番前のAブロック。スタート位置が荷物預かり所から最も遠いことに気づかず、ギリギリで結構歩くはめに。まぁ、この辺は記録を狙っていないのでOKですが、案内図はちゃんと見ておかないといけませんね。
写真 2014-11-30 8 28 06
なんと、スタートライン目の前に並ぶことができました!周囲は、それこそサブ3ランナーばかり?と思いつつ、陸連登録者が一番前なのでタイムはバラバラ。登録者=速いわけではありませんからね。むしろ1つ後ろのBブロックこそ、シリアスランナーばかりです。

ファンランということで、エイドも止まりつつ5:00/kmペースで走ることを予定。開会式の様子を間近に見ながら、テンションは上がります。やっぱり、走ったことのないレースは良いですね。コースも何もかも未知なので、楽しみは倍増です!

■こんにちはトイレさん

コースは全体的に細かなアップダウン。しかし湖や山の景色は素晴らしく、空気も澄んでいるように感じました。これは、ファンランにして正解!です。
写真 2014-11-30 10 23 49
20km過ぎに1箇所だけ急勾配の坂があり、そこは歩くランナーもポツポツ。しかし折り返して戻る際に大勢のランナーとすれ違えるので、辛くともナイスなスポットです。

「頑張りましょう〜!」

と声を掛けながら駆け下りると、多くの方々が声を返してくれました。ファンランは、こういう見知らぬランナーさんとの触れ合いが楽しいですね。もちろんエイドや沿道の方々にもたくさん声を掛けさせて頂きました。
写真 2014-11-30 10 36 02
さて、この大会1番の良さは、個人的に『トイレの充実』です。
朝からお通じが良かった私は、なんとレース中もその快便(汚くてゴメンなさい...)が続きます。結局は5回もトイレに立ち寄ったわけですが、写真のような仮設トイレだけでなく、地元のお店などがトイレをランナーに開放。そのため、何キロもトイレがない...なんて辛い状況はありません。もしトイレを見逃しても、少し走ればまたトイレ。まさに

「こんにちは、トイレさん!」

と元気に声を掛けたくなるレベルで、トイレが充実していました。これまでトイレが無くて困った経験って何度かあるので、これは自分の中でかなりのGood Pointです。

■温かなお味噌汁

実はファンランしているにも関わらず、“うどん”エイドをスルーしてしまうという失態を犯した本レース。急坂の途中にあるのを、折り返した下りで見つけました...。その代わり、
写真 2014-11-30 11 14 42
温かい味噌汁は最高!
同じエイドで“おにぎり”も配っていたのですが、このおにぎりを味噌汁に投入するのがお勧め。熱々の味噌汁も、温度が暖かくなり、疲れていてもサラサラとご飯が食べられます。

「これ、ご飯入れたら最高じゃないですか!」

とエイドのお姉さまに話していたら、隣りのランナーさんも真似してました(笑)
そしてここで、嬉しいサプライズが!今回はブログでもご紹介した『“走る”フリーライターTシャツ』を着て走ったのですが、味噌汁を食べていると後ろから見知らぬ女性に声を掛けられたんです!しかも、

「写真、一緒に撮って頂いても良いですか?」

と!もちろん大歓迎!よく聞けば、以前ランニングイベントを取材させて頂いた、近所のスポーツクラブに通う方々とのこと。エイドがちょうどファンタジーラン(約13km)のスタート地点と近かったようで、たまたまた見かけて声を掛けて下さったそうです。
実は他にも合計5名ほどの方からお声がけ頂き、また知らない方もTシャツを見て

「走るフリーライターさん!」

と呼んでくださるなど、Tシャツ効果を思い切り感じたレースでした。これからの大会も着ていますので、是非とも声を掛けてくださいね!

■楽しんでフィニッシュ!

写真 2014-11-30 12 46 09

結局、タイムは3時間34分でフィニッシュ!ファンランだったのに、先日の湘南国際マラソンより速い!でも、疲労具合は全く違います。なんとなく、“MAXスピード”はあまり変わっていませんが、“継続的に走れるスピード”は上がっているのかな?と感じるレースでした。良い傾向ですね!

※47都道府県のレース制覇への道!ただいま【1都1府10県】完了!※
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック