Running Writer

1236298_229359420550067_976283286_n

“走る”フリーライター・三河の、ランニングブログです。日々のトレーニングやレースレポートなどを、ランニングを楽しむための情報を中心に発信中。仕事や家族などその他の情報は、別ブログ『いいでしょ?僕の人生』で綴っています。


2016年6月5日(日)、地元・葛飾区を舞台とした100kmマラソン大会『柴又100K』が開催されました。今年で4回目となる本大会、地元レースということもあり、過去すべての大会に出場しています。もちろん今年も迷わずエントリー!そして・・・
写真 2016-06-04 17 29 23
4年連続、おなじみ“トウモロコシ仮装”にて走ってまいりました。過去3回完走しているので、ゼッケンには★が3つ。それでは、レース模様をご覧ください。

■スタートはあいにくの雨模様
写真 2016-06-05 5 59 50
スタートは6:30と、ウルトラマラソンの中では少し遅め。会場には自宅から歩いて向かいましたが、残念ながら空は雨模様でした。そこまで強い雨ではありませんが、会場には傘をさして待機するランナーや応援の姿も。私はトウモロコシが雨を防いでくれるので、傘なしです。
写真 2016-06-05 6 04 07
参加賞のTシャツを受け取ると、一緒にこちら『柴又もち』を頂きました。家族に持ち帰るか迷いつつ、1つだと喧嘩になりそうなので、朝ごはんの代わりに食べてしまいます。モチモチした食感と甘すぎない餡の味わいが、なかなか美味しい品でした。ごちそうさまです。
写真 2016-06-05 6 23 20
雨が降ってもレースは行われます。小雨なので、雨合羽など着ている方は少なかったでしょうか。スタートはAブロックから10分置きのウェーブスタート。スタート前、何人もの知り合い(中には後方ブロックで走る方も)が応援に駆けつけてくださり、本当に嬉しかったです!ありがとうございます!
写真 2016-06-05 7 15 35
空は明るくなってきているのに、なかなか止んでくれない雨。エイドスタッフの皆さんも、雨合羽を着て対応してくださっていました。スイカ...甘くて美味しかったです!

雨が止んだのは20kmほど走った頃でしょうか。雨が上がるということは、つまり太陽が出て暑くなってくるということ。毎年、この大会は“暑さ”にやられるんです。しかし今回は、もう1つレースを難航させるトラブルが起こりました・・・

■晴れ始めた空、そして・・・
写真 2016-06-05 8 56 12
雨は前半で止みました。次第に雲の切れ間から太陽の光が注がれるようになり、気温が上がってきます。濡れたトウモロコシも乾いてきました・・・が、湿度が高くてジメジメ。トウモロコシの中は蒸し風呂状態です。これも、仮装ランナーの宿命ですね。

天気が回復して意気揚々と走っていたのですが、本大会、一番の敵は自らにありました。それでは、ここでご紹介しましょう。
写真 2016-06-05 8 54 11
相棒のトイレさんです。

雨が上がるのとほぼ同時に、どうもお腹がギュルギュル鳴ります。もともとお腹が強い方ではないのですが、とりあえず「我慢は良くない」ということでトイレへ。これでスッキリ快適に走れると思いきや、ここから長いトイレさんとの付き合いが始まりました。

100kmで合計12回。本大会中にトイレへ駆け込んだ回数です。用を足しては走り、またお腹がギュルギュル鳴ってはトイレに入り。いつもあまり水分すら摂らないのですが、今回は脱水を懸念して、すべてのエイドでドリンクを頂きます。
写真 2016-06-05 9 49 11
もちろん、エイドでは苦しい顔など見せません。仮装しているとたくさん声援を受けるのですが、それに笑顔で応え続けるのがポリシーです。とはいえお腹が不調なので、基本的には水分のみ・・・。

気温が上がり始めたことをうけ、エイドには“頭水”が出始めました。と言っても、トウモロコシを着ていては、水なんてかぶれませんけど。羨ましい!!

■大歓迎!の五霞町エイド
写真 2016-06-05 10 49 02
柴又100Kには、まさに“オアシス”と呼ぶに相応しい場所があります。それが、折り返し地点にある『五霞町エイド』。エイドの設けられている『五霞ふれあいセンター』に到着すると、ボランティアの皆さんが笑顔で迎えてくれました。
CkYfKNlUgAUtHYc
ドロップバッグの受取り、そして本大会では貴重な“食べ物満載”のエイド。冷たいうどんは、気温とランで火照ったカラダを優しく冷やしてくれます。

「トウモロコシさーん!また来てくれたんですねー!?」

と声を掛けてくださったのは、毎年スタッフとして参加されている女性。こうして覚えてくれて頂けていることは、本当に本当に嬉しい!しっかり写真撮らせてもらいました♪

いつも本大会では、このエイドに来るのが楽しみの1つ。スタッフの皆さんから元気がもらえます。しかも、トイレはウォシュレット付き!これ、今回は非常に助かりました・・・

■仲間を見送ってマイペースラン
写真 2016-06-05 11 49 33
本大会は江戸川河川敷を往復するコース。そのため、五霞町エイドで折り返してから、しばらくは後続ランナーとすれ違うことができます。今回は初ウルトラという方を含めたくさん知り合いが出場していたので、楽しみにしていました。

しかし、昨年から若干コースが変更されており、折り返してしばらくはランナーとすれ違えないことが発覚。ちょこちょこすれ違いポイントはあるものの、それでは会えるかどうか分かりません。確実に会えるのは、ずっと往路を同じコースを戻ることになる59km地点以降。

「よっしゃ、ここまで飛ばすか」

実は事前にそう決めて、前半は想定よりかなり速いペースで走っていました。42km地点を3時間33分で通過し、50kmは約4時間20分。そして五霞町エイドも早めに出発し、59km地点に到着!すると偶然にも、まさにピッタリのタイミングで3名の知り合いが同地点のエイドにいるじゃありませんか。

「会えて良かったー!」

そう第一声を放ち、

「ゴールで待ってますよ!楽しんで!」

なんて声を掛け、見送らせて頂きました。あと数分でも遅ければ会えなかったでしょう。急いで良かった・・・。ちなみに皆さん、ちゃんと完走できたようです。素晴らしい!!
写真 2016-06-05 12 56 09
この時点で自己ベストすら目指せるタイムですが、今回はファンラン。何よりお腹の調子が悪いので、折り返し出会うランナーに声をかけながら、マイペースに進むことにします。まぁ、普通に疲れていましたけどね。

■結果は満足、セカンドベスト!
写真 2016-06-05 15 09 21
あとは走った道を戻るだけ。残り30kmの地点からは、60kmの部に出場しているランナーと合流で賑やかになりました。人が増えると、それだけで元気が出てきます。

「ブログ見てます!」

なんて声を掛けて下さる方もたくさん。ありがとうございました!
写真 2016-06-05 15 46 08
大変だったのは、向かい風と砂利道。トウモロコシは、体感的に通常の1.5倍ほど風を受けます。気付けば、後ろで風よけにされていることも。別にいいんですけど。より前傾姿勢を強めて走るので、腹筋がピクピク・・・もっと体幹鍛えないと。

砂利道は足を取られやすいので、“蹴らない”ことを意識して進みます。どうしてもスピードが落ちてしまうので、できるだけ石の少なそうな場所を。この砂利道がなくなれば、もっと記録の出やすいコースになるんですけどね。
写真 2016-06-05 17 21 37
そして無事にゴール!4年連続、トウモロコシ仮装にて走り切りました。地元の方が応援に駆けつけてくださり、感謝です。昨年は日が暮れ始めていましたが、今年は明るいうちに。お陰さまで、だいぶ日に焼けました。

ちなみにこの後、ドロップバッグが届いていなくて2時間待ち・・・というハプニングが。自宅が近いので一旦帰ってシャワーを浴び、仲間の応援がてら取りに戻りました。でも遠方の方だったら大変ですよね。回数を重ねる毎に改善して、より楽しい大会を作り上げていってもらいたいと思います。

ちなみに、公式記録は出ていませんが、速報では【09:24:33(32位)】だったようです。頑張れば自己ベスト出せたかも・・・なんて思うところもありますが、セカンドベストなので満足!昨年の同大会に比べると2時間半近く速いし、何より最初から最後まで楽しめたことが一番ですね。来年もまた、必ずやトウモロコシ仮装で走ります。

地元・葛飾へ走りに来てくださった皆さま、ありがとう&お疲れさまでした!

スタッフや応援の皆さま、本当にありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット