Running Writer

1236298_229359420550067_976283286_n

“走る”フリーライター・三河の、ランニングブログです。日々のトレーニングやレースレポートなどを、ランニングを楽しむための情報を中心に発信中。仕事や家族などその他の情報は、別ブログ『いいでしょ?僕の人生』で綴っています。


コロナ禍で大会中止が続き、このブログもすっかり更新していませんでした...。最近は自分ではなく中学陸上部に所属する長男とのトレーニングに重きを置き、スピード強化に取り組んでいます。3000mを9:43で走るので、気合を入れないと負けてしまうレベル。特にこの冬は正念場なので、少なくとも引退までは引っ張れるよう取り組む予定です。

そんな中、約2年ぶりに大会へ出場してきました。スピード強化で距離は踏んでおらず、走っても1回のトレーニングでは10km程度までという状況。なのに出場したのは、なんと当ブログでおお馴染みの『柴又100K』です。もちろん種目は100kmの部。さすがにマズいと直前に30km走を2回ほど入れましたが、この時点で「これ走り切れなくない?」と不安になるばかり。やはり同じ“走る”でも、目的に合わせたトレーニングって大切ですね。
写真 2021-10-08 18 13 44
柴又100Kといえば、2013年の第1回大会から完走している大会。しかも、毎回こちらトウモロコシ仮装です。完走すると★がゼッケンに増えるので、10回になったら何か起きるのか…とりあえず楽しみにしています。そんなわけで走力にこそ不安を抱えつつも、やはりのトウモロコシ仮装で走って参りました。
写真 2021-10-09 19 02 51

結論から言ってしまうと、速報10:39:55で無事に完走。後述する通りなかなか厳しいコンディションでしたが、ちゃんと走り切れました。ゴールで知り合いがビール持参で待っていてくれて、着替える前にすぐさまグビり。レース後の祝杯も久しぶりです。
写真 2021-10-09 6 11 13
当日のコンディションは…というと、スタート時点では雲が出ていて涼しかったです。が、走り始めるとすぐに太陽が顔を出し、とにかく暑い。実際にはそれほどじゃなかったかもしれませんが、トウモロコシの中は蒸し風呂状態。体感気温としては30度ほどでしょうか。とはいえ、柴又100Kは暑いのが当たり前みたいな大会なので想定内です。むしろ日が沈んでからも走っていた方々は、気温差で寒くなり大変だったのではと思います。

今回はコースが変わり、25km×2往復の100km。参加者が少なく、ちょっと寂しい感じでした。特に仮想するのは周囲からの声に励みをもらうのも一つの楽しさなのですが、コロナ禍ということもあり応援も非常に少なかったです。途中で一人旅になることも多く、普通に河川敷で練習しているような感覚になることも。そんなこんなで、実は1往復を終えたとき「2往復目しんどい」が本音でした。ただ、道中でエイドの方々に「また来るから待ってて!」なんて言ってきたし、仮装してリタイアなんてありえない選択。「すでに走ったところを、もう一度走れば終わりだ」と気持ちを切り替えて進みます。

2往復目は暑さが和らぎ、トウモロコシから出ている腕はときどき寒さを感じるほど。が、その原因は気温が下がったというより“風”でした。往路はとにかく、ずーーーっと横風。下層は着ているものの面積が広いので、風に弱いんです…。なんどか風に煽られて道を踏み外しそうになりつつ、抵抗して走るので疲労が必要以上に溜まります。でも他ランナーとすれ違うときは、できる限り(小さめの声で)「ファイト!」と声を掛けながら。少しでもトウモロコシのおかしな格好と、声がけがランナーの背中を押せていたら嬉しいです。

レース中、当ブログを見たという方から何回も声を掛けて頂きました。これはモロコシ冥利に尽きるので、来年もぜひ声かけてください(笑)2往復目の往路では「ブログをキッカケに柴又100Kに出た」という方がいて、数kmですが引っ張り気味に併走させてもらいました。サブ10を目指しているとのこと、良いペースでラスト折り返していましたが、きっと達成したことでしょう。
写真 2021-10-09 19 02 38
一番キツかったのは、ラスト折り返してからの25kmです。折り返し直前から横風がやや追い風になってきたので嬉しかったのですが、つまり折り返せば…?そう、思いっきり向かい風。押し戻されるような強風で進みにくく、どんどん脚が削られていきます。もう、突風が吹くと一人で笑ってしまいました。終盤には脚の動きも悪くなり、エイドでストレッチして走るほど。ラスト10kmほどで風が落ち着き少しだけ回復しましたが、久しぶりにウルトラマラソンの洗礼を受けました。

写真 2021-10-09 19 03 11
ラストは元気に駆け抜けてフィニッシュ!思い返すとエイドの食べ物が少なかったので、100kmずっと飲み物のみでした。見た限りだとバックパックを背負っている方も多く、補給に悩まされた方は多かったかもしれません。私は普段からあまり食べずに走るので問題ありませんでしたが、さすがに走り終えたら空腹を感じました。

コロナ禍で大会開催が直前まで見えず、参加者も運営側もいろいろ大変だったと思います。実際、蓋を開けてみるといつものような賑わいはなかったし、不満の声もあることでしょう。でも、まずは開催してもらえたことに感謝。何より久しぶりに多くのランナーと声を掛け合いながら共に走り、知り合いにも多く出会えたことが嬉しく感じます。葛飾区は以前まで住んでいた場所で思い入れもありますし、次回からまた賑わいを取り戻してくれることを願うばかりです。
写真 2021-10-07 12 05 42

大会に向けて新しいシューズを購入した(練習用は履きつぶしました…)のですが、「これに合うカラーで!」とCATERPY RUN+を送ってもらいました。トウモロコシにもマッチするし、明るくて気に入っています。ウルトラマラソンでは足が疲れにくいCATERPY RUN+、そして仮装しても蒸れにくく快適なCRAFTのインナーが重宝しています。コロナ禍を経ても支えてくださる、サポート企業様にも感謝ですね。次のレースは11/23に、会社員時代の方々と「第9回 KASHIWAリレーマラソン2021」へ出場予定。また、理事を務めるNPOでは「小坂峠ウルトラ遠足 試走会」を開催します(エントリー受付中!)。それ以後は未定ですが、長男のトレーニングに付き合いつつ、引き続き楽しく走っていければ。次回も柴又100Kはトウモロコシ仮装で走りますので、また皆さんお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット